ファインパターンフレキシブル基板

レイテックのファインパターンフレキシブル基板の特徴

当社のファインパターンフレキシブル基板は、セミアディティブ技術を基盤とし、 多品種中量生産品、小ロットの試作製品の生産対応をしています。
また、両面基板、多層基板の生産も可能です。
特に層間接続部の穴あけ加工は、ポリイミドエッチングによるブラインドビアとする事で、ランドの小型化による省スペース化を実現、更なる高密度配線が可能です。

ファインパターンフレキシブル基板

片面フレキシブル基板

片面フレキシブル基板
片面フレキシブル基板 拡大

仕様例

  • ポリイミドフイルム厚み:12.5μm、25μm、50μm
  • 最小配線ピッチ:15μm、L/S=7.5μm/7.5μm

両面フレキシブル基板

特徴

  • 50μmピッチ以下の両面フレキシブル基板の試作が可能。
  • 層間接続をポリイミドケミカルエッチング技術で形成する事で、従来のFPCより小径ビアが形成出来、より高密度配線を実現いたします。
フライングリードフレキシブル基板

仕様例

  • ポリイミドフイルム厚み:25μm、50μm
  • リード厚み:20μm
  • ポリイミドエッチングによるブラインドビア加工
  • カバーレイ、ソルダーレジストで表面保護
  • 金めっき、直金めっき、半田(錫)めっき対応可能

フライングリードフレキシブル基板

特徴

  • F-Chipを実装する為に実装リード部のベースフィルムを除去し、フライングリード部が形成されたフレキシブル基板です。
  • ピッチ100μm以下のフライングリード形成が可能です。
  • 層間の接続はブラインドビアにより安定した電気特性が得られます。

これらはポリイミドケミカルエッチング技術を使用する事で、高精度の加工を実現いたします。

フライングリードフレキシブル基板
100μmピッチ以下のフライングリードが形成

仕様例

  • ポリイミドフイルム厚み:25μm、50μm
  • ポリイミドエッチングによるブラインドビア、フライングリードを加工
  • フライングリード厚み:20μm
  • 最小外形加工精度:±50μm
  • 直金めっき仕様

WEBからお問い合わせ

お電話によるお問い合わせ

営業部

TEL:049-246-0202


受付時間:8:30〜17:00
(土・日・祝祭日・年末年始・盆休みを除く)

このページの先頭へ

  • ご利用条件
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ