会社概要

経営理念

私達は、お客様に感動して頂ける微細加工技術商品を開発し、国際情報化社会の発展に貢献します

品質方針

レイテック株式会社は、上記「経営理念」に基づき顧客の期待と高い信頼を得て
満足感を与える製品の提供を目指し、以下の品質方針を設定する。

  1. 顧客のニーズを具体的な商品として提供するとともに、設計・製作・検査を通じて高品質な商品を提供する。
  2. 製品・プロセス・品質マネジメントシステムの改善を継続的に実施する。

会社概要

商号 レイテック株式会社
本社工場 埼玉県川越市中台 2丁目19番地2
資本金 2,000万円
代表者 代表取締役社長 江口禎三
従業員 31名
平均年齢 40.9歳
TEL. 049-246-0202(代表)
FAX. 049-246-0206

事業内容

  • 微細フレキシブルプリント基板の試作 ・液晶表示パネルの検査プローブユニットの製造。
  • 微細フォトファブリケーション関連製品の製造・微細バンプフィルム基板の製造。

沿革

平成 6年 (財)中小企業ベンチャー振興基金から「微細加工金属フィルムの開発」について助成金交付を受ける。
平成 7年 「レーザー加工法によるメタルマスク」の高精度化・生産性向上・コストダウンを目的とした半導体レーザー励起・リニヤモーター駆動のレーザー加工機について、住友重機械工業株)と共同開発開始。
平成 8年 埼玉県から「レーザーによる微細加工」の計画について、中小企業創造的活動促進法の認定を受ける
平成 9年 半導体レーザー励起・リニヤモーター駆動のレーザー加工機操業開始。
平成 10年 埼玉県から「レーザーによる微細加工」について、創造的事業推進費助成金交付を受ける。
平成 11年 埼玉県から「次世代液晶表示パネル(LCD)用検査フィルムバンププローブの開発」について技術改善費補助金交付を受ける。
平成 12年 東レエンジニアリング株式会社が82%の株を取得。
平成 13年 全自動YAGレーザー加工機稼働。
平成 13年 平成5年度からの特許出願件数46件(内特許1件、実用新案4件登録)
平成 15年 株式会社プロセス・ラボ・ミクロンへ印刷用レーザーメタルマスク事業全面譲渡。
平成 15年 東レエンジニアリング株式会社が100%の株を取得。
平成 16年 工場移転計画発足。
平成 17年 平成17年5月に川越市今福の2,000uの工場へ移転。
平成 18年 ポリイミドエッチング液の販売開始。
平成 19年 小型液晶プローブユニットの製造販売開始。
平成 20年 医療用途向けの特殊FPCを製造販売開始。
平成 21年 東海村J−PARCより中性子研究検出設備の貢献にて感謝状を授与される。
ISO9001・2008 取得
平成 22年 医療関連の特殊FPC量産製造販売開始

このページの先頭へ

  • ご利用条件
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ